おすすめの葉酸サプリ6つを比較!妊活~妊娠中ランキング6選

葉酸の効果

ママのリスクを軽減!葉酸が妊婦さんに与える3つの効果とは

投稿日:

かつては妊娠出産は、女性にとって命がけと言われていました。現在では出産時に命を落とす妊婦さんは少なくなりましたが、決してゼロになったわけではありません。

また一命を取り留めても、産後の肥立ちが悪く寝込んでしまう女性も少なくないのです。そして、生命や健康における危険があるのは、妊婦さんだけではありません。

お腹の赤ちゃんにも、流産や死産の危険があります。このように、2人分の生命を左右する妊娠出産。

「しかし、もしも2人が元気でいられる可能性がアップする方法があるなら、あなたはどうしますか?」

葉酸が、妊婦さんとお腹の赤ちゃんにどのような効果をもたらすのか。2人分の生命を支えるために、妊婦さんはぜひお読みください。

妊婦さんが命を落とすリスク

ほんの100年ほど前までは、出産で命を落とす妊婦さんは多くいました。出産時または出産後42日以内に死亡する確率は、約0.4%だったのです。

250人中1人が、生命を失っていたわけです。現在では、その率は0.003%にまで落ちています。それでも、3万人に1人は亡くなっているわけですから、決して無視できることではありませんよね。

「もしも自分が3万人中の1人になったらどうしよう…」

ここを読んでいる人の中には、そのような不安を抱えている妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。不安があるのなら、すぐに行動に移しましょう。無事に出産するために、自らの健康管理を見直すのです。

まだできる工夫が見つかった場合には、実践してください。そして、特に実践しやすく、なおかつ高い効果が期待できるため注目されている工夫が、葉酸を摂取することです。

葉酸は、質の良い血液を作り出すために働く栄養素なのです。

妊婦死亡の3つの原因

医者

出産で妊婦さんが死亡する原因は複数ありますが、特に多いのはこの3つです。

  1. 胎盤早期剥離
  2. 肺塞栓症
  3. 分娩後出血

胎盤早期剥離とは?

胎盤早期剥離とは、子宮内で赤ちゃんを包んでいる胎盤が、出産後ではなく妊娠中に剥がれてしまうことです。当然子宮内では、剥がれた箇所で出血が起こります。

また赤ちゃんの体は、胎盤で守ってもらえなくなります。このように胎盤早期剥離は、妊婦さんだけでなく赤ちゃんにとっても危険な状態と言えるのです。

肺塞栓症とは?

肺塞栓症とは、肺の中の細い血管が詰まることです。これにより、呼吸困難や胎盤からの大出血が引き起こされます。肺塞栓症は、妊婦さん以外にも、コレステロールなどが原因となって起こる可能性があります。

しかし妊婦さんの場合、お腹の赤ちゃんの老廃物が血管内に入り込み、肺まで到達することがあります。つまり妊娠していない人よりもリスクが高いわけですから、より警戒しなければならないと言えます。

分娩後出血とは?

分娩後出血とは、文字通り出産した後に多く出血することです。出産時の出血は、ある程度は起こるものです。

しかしその量が500mlを超えるなど、通常よりも多い場合は、母体は危険な状態となります。分娩後出血が起こると、その約3%が生命を失ってしまうほどです。

妊婦さんの生命を守る葉酸

タブレット

しかしこれらの3つの原因は、どれも葉酸の摂取で防ぐことが可能となっています。なぜならいずれも、妊娠中の母体での血行不良が遠因となっているからです。

妊婦さんが血行不良になると、妊娠高血圧症となるリスクが高まります。妊娠高血圧症は、妊娠中毒症のひとつで、妊娠中に血圧の高い状態が続くことです。

本来なら血管内をサラサラと流れていく血液が、うまく流れなくなり、血管が内側から圧迫され続けるのです。

この圧力によって、胎盤は剥がれやすくなります。そして出産時には、水風船を割ったかのように、血液がまとめて放出されやすくなります。

また、血行が悪いのですから、赤ちゃんの老廃物は血管内に滞りやすくなります。

このように

  • 胎盤早期剥離
  • 肺塞栓症
  • 分娩後出血

これらはいずれも、血行不良によって引き起こされているのです。しかし葉酸を摂取していれば、血行不良は防がれやすくなります。

先述したように、葉酸は良質な血液を作ります。質の良い血液は、血管内をスムーズに流れていくのです。

血行が良ければ、胎盤には血圧による負荷がかかりにくくなります。出血を起こしても、水風船が割れたような状態にはなりません。

もちろん赤ちゃんの老廃物も、詰まりにくくなるのです。こういった理由から、妊婦さんには葉酸の摂取が推奨されています。

自身の生命を守り、出産後に赤ちゃんを自らの手で育てていくためにも、妊婦さんはぜひ葉酸を摂取してください。

流産や死産を防止

生命の危険があるのは、妊婦さんだけではありません。お腹の中で宿ったばかりで、生命力の弱い赤ちゃんの方が、死亡するリスクが高いのです。

いわゆる流産、そして死産です。具体的には、妊娠22週目未満の場合は流産、22週目以降の場合は死産となるのです。これらは、決して珍しいことではありません。

特に流産は、約15%の確率で起こると言われています。100人中15人ですから、かなり高い確率と言えます。

そしてその原因の多くは、赤ちゃんの染色体異常にあります。異常な染色体があると、赤ちゃんの体では異常な細胞がどんどん作られてしまいます。

異常なのですから、正常に機能しません。そのためこれが増えれば増えるほど、赤ちゃんは生命を維持することが難しくなるのです。

しかし染色体異常による流産や死産は、妊婦さんが葉酸を摂取することで防止が可能となります。妊娠する1~3ヶ月前から摂取していれば、より高確率で防止できるようになります。

せっかくお腹に宿った命が失われてしまうのは、妊婦さんにとって残念で悲しいことです。しかも流産や死産は、体に大きなダメージを与える可能性もあります。

宿った生命、そして自分自身を守るために、妊婦さんや妊娠を検討している女性は、ぜひ葉酸を十分に摂取してくださいね。

葉酸のその他の効果

美容イメージ

葉酸には、母子の生命を守る以外にも多くの効果があります。

  • 貧血を防ぐ効果
    (良質な血液が、多く作られるようになるため)
  • 肌荒れを防ぐ効果
    (良質な血液が、肌に多くの栄養分を運ぶため)
  • 肥満を防ぐ効果
    (血行が良くなり、血液中のコレステロール値が下がるため)
  • 便秘の予防、解消効果
    (血液による栄養供給で、大腸の粘膜が丈夫になるため)

このように、妊婦さんにとって葉酸は、健康面でも美容面でも大いに役立つ栄養素なのです。貧血も肌荒れも、肥満も便秘も、妊婦さんに起こりやすいトラブルです。ぜひ葉酸を摂取して、しっかりと防いでくださいね。

葉酸が妊婦さんに与える効果のまとめ

妊婦さん

妊婦さんにとって命がけとなる出産。実際に命を失っている妊婦さんも、少なくありません。

そしてその原因の多くは、

  • 胎盤早期剥離(妊娠中に胎盤が剥がれて出血する)
  • 肺塞栓症(赤ちゃんの老廃物が肺の血管に詰まる)
  • 分娩後出血(出産時の出血量が500ml以上となる)

こういった、血液の問題にあります。これらはいずれも、妊婦さんが葉酸を摂取することで防止が可能となります。

また葉酸は、妊婦さんだけでなく赤ちゃんの生命をも守ってくれます。具体的には、染色体異常による流産や死産のリスクを低下させるのです。

さらに葉酸は、以下のような妊娠中のトラブルを防ぐためにも役立ちます。

  • 貧血
  • 肌荒れ
  • 不満
  • 便秘

こういった効果を得るために、妊婦さんや妊娠を計画している女性は、ぜひ葉酸を十分に摂取しておきましょう。摂取により、母子健康体での出産の可能性は、グッと高まりますよ。

-葉酸の効果

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.