おすすめの葉酸サプリ6つを比較!妊活~妊娠中ランキング6選

葉酸の効果

葉酸は男性にも必要!妊活にもたらす効果や摂取量とは

投稿日:

「妊娠のための体作りは、女性がするもの」そのように考えてはいませんか?

確かに妊娠するのは女性ですが、赤ちゃんの素となる精子は、男性が作るのです。精子の状態が悪いと、元気な赤ちゃんは誕生しません。

そもそも、妊娠にも至らないことが多いのです。そのため子宝を望むなら、男性側も妊娠のための体作りをする必要があります。

女性任せにせず、質の良い精子を作るために努力しましょう。そしてその努力をサポートする栄養分が、葉酸です。

ここでは、葉酸が男性の体にどのような効果をもたらすのか、葉酸が不足するとどうなってしまうのかをご説明します。

力を合わせて効率良く妊活を進めていくために、ぜひパートナーと一緒に目を通してみてくださいね。

男性の精子と葉酸の関係

男性の精子は、毎日セッセと作られています。食事で取り入れた栄養分を原料として、作られているのです。つまり毎日の食事の内容が、精子の質を決めているわけです。

栄養バランスの悪い食事をとっていると、当然それが精子に反映されます。必要な栄養分が不足していることから、不健康な精子ができてしまうのですね。

そして、その栄養分の中でも特に必要とされているものが、葉酸です。葉酸は、精子に正しい染色体を持たせる栄養分です。

これが不足すると、異常な染色体を持つ精子が作られやすくなります。

精子異常が引き起こす悲しい結末

エコー

異常な染色体を持つ精子は、生命力が低めです。そのため、たとえ卵子が目の前にいても、うまく結合できません。つまり、受精卵になりにくいということです。

受精卵になったとしても、うまく細胞分裂を行うことができません。すると、赤ちゃんとしてスムーズに成長できず、途中で力尽きてしまうことがあります。

脳や脊髄などがきちんと作られず、流産または死産となってしまうのです。さらに、成長できたとしても、その体にはどこか問題があるかもしれません。

その最たるものが、21トリソミー、いわゆるダウン症です。心身の発達が遅く、知的障害を伴うという先天的な障害です。

また18トリソミー(エドワーズ症候群)の赤ちゃんが生まれることもあります。この場合、口が裂けていたり、複数の指がくっついていたり、重度の心疾患を抱えていたりします。

こういった先天性の障害は、赤ちゃん本人だけでなく、父母など周囲の人々をも複雑な気持ちにさせます。もちろん生まれてきてくれた尊い命ですから、慈しむことが大事です。

でも、それは決して、幸せばかりという快適な道ではありませんよね。その道を我が子やパートナーに歩ませないためにも…。

摂取することで、染色体異常を持つ精子が作られる可能性は、20~30%ほど低下するのです。それだけ、元気な赤ちゃんが生まれやすくなるということですよ。男性はぜひ、日頃から葉酸を摂取しておきましょう。

成人男性は1日に240μgの葉酸を

ほうれん草

では具体的に、男性は1日にどのくらいの葉酸を摂取すれば良いのでしょうか?

厚生労働省は、成人男性の1日の推奨摂取量を240μgとしています。この量を目安として摂取すれば、健康的な精子が作られやすくなるのです。

摂取量が不足している場合は、

  • 体が疲れやすくなる(質の良い血液細胞が作られにくいため)
  • 口の中や胃が荒れやすくなる(丈夫な粘膜が作られにくいため)

こういった症状が出てきます。これは、体が葉酸不足を訴えている証拠です。染色体異常を持つ精子が、既に多く作られているかもしれませんよ。

そのため心当たりのある男性は、食生活を見直しましょう。

  • ほうれん草などの緑黄色野菜
  • 鶏や牛などのレバー肉

これらを食べる機会を増やしてください。いずれも、葉酸がたっぷりと含まれている上に、スタミナアップ効果も期待できる食べ物です。

妊活中の男性には、理想的と言えますね。食事からの摂取が難しいという男性は、サプリメントを頼ることもひとつの手です。食事よりも手軽に、なおかつ効率良く体に葉酸を吸収させることができますよ。

飲酒、喫煙には十分に注意を

食事やサプリメントで葉酸を摂取していたとしても、葉酸不足になる可能性があります。

・飲酒をした場合
 ↓
 摂取した葉酸が、体内に吸収されにくくなる

・煙草を吸った場合
 ↓
 摂取した葉酸が、破壊されてしまう

このようにお酒や煙草は、葉酸の効果を減らしてしまうのです。せっかく摂取しても、効果がなくなるのでは元も子もありません。

もともと、健康のためには控えた方が良いとされているお酒や煙草ですが、子宝を望む男性の場合、より注意が必要ということですね。ただし男性の場合、職場でのコミュニケーションや接待など、仕事がらみでの飲酒の機会が増えがちです。

自分は喫煙していなくても、上司や同僚が吸っているというケースもありますよね。それらに難色を示すと、社会的立場が悪くなってしまう可能性があります。そのため、何が何でもお酒や煙草を遠ざけるのではなく、回避しにくい時には受け入れる気持ちを持つことも大事ですよ。

その分、食事やサプリメントから葉酸を多めに摂取して、帳尻を合わせるのです。生まれてくる子供を養い、育てるためには、社会生活も大事にしてくださいね。男性にとってはそれも、重要な妊活となります。

葉酸が男性にもたらす効果についてのまとめ

妊娠検査薬

葉酸は、女性だけでなく男性にとっても大事な栄養分です。特にパートナーの女性が妊活をしているという男性の場合、積極的に摂取する必要があります。

なぜなら摂取することで、質の良い精子が多く作られるようになるからです。逆に葉酸が不足しがちになると、染色体に問題のある精子が作られやすくなるのです。

異常な精子から誕生した受精卵は、生命力が弱く、無事に育つ可能性が低めです。ダウン症などの先天的な障害を持つ赤ちゃんとして生まれてくることもあります。

それを回避するためにも、男性もしっかりと葉酸を摂取してくださいね。

目安は、1日240μgです。

ただし飲酒や喫煙をすると、葉酸の効果が低めになります。そのことも考慮しながら、不足しないように葉酸を摂取してくださいね。

-葉酸の効果

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.