妊婦さん

元気な赤ちゃんを産むためには、葉酸サプリを飲むことが大事です。飲むことで、お母さんの体も赤ちゃんの体も、健康な状態を維持しやすくなるからです。

そうはいっても、「葉酸サプリの数が多くて、どれを選べば良いのかわからない…」という妊婦さんも多いのではないでしょうか。

葉酸サプリは女性からの人気が高く、多くの食品メーカーが積極的に開発し、販売しています。そしてそれぞれ、葉酸の配合量や製造方法が異なっています。

粒の大きさも様々ですし、安全性にも違いがあるのです。

ここでは、葉酸サプリの選び方における5つのポイントをご紹介します。

これを参考に、自分にとってベストと言える葉酸サプリを見つけてくださいね。

天然由来のモノグルタミン酸型を選ぶ

ほうれん草

葉酸サプリは、体に吸収されやすいモノグルタミン酸型の葉酸で作られています。

そしてこのモノグルタミン酸型の葉酸には、

  1. ほうれん草などの天然素材から作られたもの
  2. 石油から化学合成されたもの

この2種類があります。妊活中や妊娠中に飲む場合、天然素材で作られたモノグルタミン酸型の葉酸サプリがおすすめです。

母体や赤ちゃんが、化学物質の影響を受けずに済むからです。もちろん化学合成された葉酸も、基本的には安全です。

でも摂取を続けることで、体内で化学物質が溜まっていく可能性があるのです。特に妊娠初期は、お母さんの体も赤ちゃんの体も不安定な状態です。

デリケートな時期だからこそ、葉酸サプリの選び方には注意が必要ですよ。安全のために、天然由来の葉酸か、化学合成された葉酸か、必ず確認してくださいね。

農薬や食品添加物の確認を

いくら天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリでも、原料となっている食べ物に問題があっては、安全とは言えません。

そのため葉酸サプリでは、原料の産地や育て方についても十分に確認することが大事です。

安全とされているのは、

  1. 国産の野菜や果物
  2. 農薬や化学肥料を使わず、オーガニック栽培されたもの
  3. 放射性物質が含まれていないか確認されたもの

これらを使って作られた葉酸サプリです。もちろん、食品添加物が多く含まれていないかチェックすることも肝心ですよ。

食品添加物とは、良い香りにするための香料や、見た目の印象を良くする着色料などです。

どの葉酸サプリにもある程度は含まれていますが、量が多いよりも、少ない方が安全と言えます。

そのため葉酸サプリを選ぶ時には、パッケージなどにある原材料名の一覧を見てみましょう。そこには、配合成分が多い順に記載されています。

上位に食品添加物が集まっている場合は、その葉酸サプリには食品添加物が多いと言えます。

GMPマークのある葉酸サプリが安心

 

製造工場を確認することも、葉酸サプリの安全な選び方をするためには重要です。いくら安全な原材料で作られていても、製造過程で問題があったのでは、安心して飲めませんものね。

といっても、製造した工場の名前や実績を調べる必要はありません。GMP認定工場かどうかをチェックするだけで良いのです。

GMPとは、製造や品質管理における基準です。原材料の仕入れから、製造や出荷の過程において、一定の基準をクリアしていれば、GMP認定されます。

つまりGMP認定されている工場は、信頼できるということです。

そこで作られた葉酸サプリも、品質の点で安心できます。GMP認定工場で製造された葉酸サプリには、パッケージに必ずGMPマークがついています。

そのため葉酸サプリを選ぶ際には、このマークの有無を確認しましょう。

1粒あたりの葉酸含有量を確認

葉酸の推奨摂取量は、時期によって異なっています。基本的には、毎日の食事から240μg摂取しなければなりません。

そしてそれ以外に、

  • 妊活中=400μg
  • 妊娠初期~中期=400μg
  • 妊娠中期~出産=240μg
  • 出産後=100μg

これだけの量を、葉酸サプリから摂取する必要があるのです。そのため、葉酸サプリ1粒に含まれている葉酸の量は、とても大事です。

たとえば1粒に400μgの葉酸が含まれている葉酸サプリは、妊活中や妊娠初期には、とても便利ですよね。1日に1粒飲むだけで済むので、手軽です。

でも、出産後には逆に飲みにくいかもしれません。4つに割って、ひとかけらずつ飲まなければならないからです。

この場合は、1粒に100μgの葉酸が含まれている葉酸サプリが便利と言えます。このように時期によって摂取量が異なっている以上、葉酸サプリも時期に合わせる必要があります。

飲み忘れることなく、適量をコンスタントに摂取するためにも、葉酸サプリは1粒あたりの含有量を確認しながら選んでくださいね。

飲みやすさを確認

葉酸サプリを飲めば、手軽に葉酸を摂取できます。つわりで食事をとることが難しい時期には、特に頼りになりますね。

でもつわりがひどい人の場合、葉酸サプリでもなかなか喉を通らないことがあります。葉酸独特の苦みが強く感じられたり、粒が喉に引っかかって飲み込みにくかったりするのです。

そのような人は、飲みやすさを重視して葉酸サプリを選びましょう。味や匂いが気になるという人には、セルロースなどでコーティングしてある葉酸サプリがおすすめです。

ほとんど無味無臭の状態なので、風味を気にせず飲み込むことができますよ。飲み込むこと自体が難しいという人は、小粒タイプの葉酸サプリを選んでください。

直径1センチのものが、比較的飲みやすいとされています。

葉酸サプリの選び方についてのまとめ

赤ちゃんの手

葉酸サプリの種類は多く、それぞれ特徴が異なっています。そのため各葉酸サプリを比較して、自分に適したものを選ぶことが大事です。

選び方には、5つのポイントがあります。

  1. 化学合成されたものではなく、天然素材で作られたものを選ぶ
  2. 安全な原材料で作られた、食品添加物の少ないものを選ぶ
  3. GMP認定工場で製造されたものを選ぶ
  4. 1粒あたりの含有量を確認し、摂取する量に合わせて選ぶ
  5. 飲みにくい場合は、コーティングされたものや小粒のものを選ぶ

このポイントを参考に、自分に合う葉酸サプリを見つけてくださいね。