ベルタ葉酸

ベルタ葉酸には、夫婦で定期便というコースがあります。

これは、

  • 女性用ベルタ葉酸
  • 男性用ベルタ葉酸

この2つをセットで、毎月自宅に届けてくれるというコース。

夫婦で一緒に妊活をしたい時には、便利ですね。でも女性用と男性用のベルタ葉酸。

具体的に、どのような違いがあるのでしょうか?

女性が、間違えて男性用のものを飲んでしまった時には、何か問題があるのでしょうか?

成分の違いや飲み間違えのリスクについて、調べてみました。

男性用と女性用の違いはない

「男性用のベルタ葉酸は、女性用とどう違うの?」

お客様サポートに問い合わせたところ、

「中身に違いはなく、同じものとなっています」

だそうです。「え?じゃあ、どうして女性用と男性用とが分けてあるの?」

同じなら、分ける必要はないですよね。これは妊活に必要な栄養素の量が、女性と男性とで違っていることが理由みたいですね。

たとえば葉酸。女性の場合は、妊活中には1日に400μgの摂取が必要とされています。そしてこの量は、ベルタ葉酸を毎日4粒飲めばクリアできます。

それに対して男性の場合、1日に240μgの摂取が推奨されています。これは、ベルタ葉酸2~3粒の量です。

このように女性と男性とでは、体が求める葉酸の量に違いがあるんです。

ベルタ葉酸では、

  • 女性用=120粒入り
  • 男性用=60粒入り

と、内容量に違いがあるだけなのですね。これは、女性と男性それぞれが、30日で飲みきる量です。

夫婦が同じタイミングで飲み始めて、同じペースで飲みきることができますね。

飲み間違えた場合の問題は?

夫婦

中身が全く同じなので、仮にお互いに飲み間違えても大丈夫です。

たとえば妻が夫用のベルタ葉酸を飲んでしまっても、決まった量(4粒)なら、体に問題はありません。

ただこの場合、夫用のベルタ葉酸が先にカラッポになってしまいます。そして女性用のベルタ葉酸は、余っている。

そのような時は、今度は夫が女性用のベルタ葉酸を2粒ずつ飲めば、問題解決。

お互いに粒の量を守って飲んでいたのなら、女性用のベルタ葉酸も、きっちり30日でカラッポになるはずです。

でも、ちょっとややこしくなりますよね。ですから、せっかく容器が別になっていますし、妻は女性用、夫は男性用と分けて飲んでくださいね。

切り替えも可能

「最初は妊活のために、夫婦でベルタ葉酸を飲んでいたけれど。妊娠したから、夫用のものは、もういらないかも…」

このような場合、ベルタ葉酸では女性用のみの定期便に切り替えることができます。

お客様サポートに連絡すれば、次回からは女性用のみを届けてもらえます。

女性の場合、葉酸の摂取は妊娠してからも大事。宿ってくれた赤ちゃんのためにも、しっかり飲み続けてくださいね。

また、「最初は女性用だけだったけど、男性用も欲しくなった」

このような場合も、もちろん通常の定期便を夫婦の定期便に切り替えることができます。

希望に合わせて自由に切り替えができるのは、便利で嬉しいですよね。

男性用ベルタ葉酸の違いについてのまとめ

夫婦

夫婦で定期便の男性用ベルタ葉酸は、女性用のものと基本的に同じです。成分に違いはありません。でも、内容量に違いがあります。

女性用は120粒で、男性用は60粒なんです。これは、葉酸の必要量が男女で違っているから。

女性は1日4粒、男性は2粒飲めば、夫婦それぞれが適切な量を、30日間摂取できますよ。

また夫婦で定期便は、通常の定期便(女性用のみ)への切り替えができます。

通常の定期便から、夫婦で定期便に切り替えることも可能。

必要にあわせて、適切なコースを選んでくださいね。

ベルタ葉酸サプリの公式ページをみる